So-net無料ブログ作成

グッチ [ブランドストーリー]

カードケースコインケース長財布デジカメケースシガレットケースパスケースペンケースマネークリップキャリーバッグスマートフォンケース


グッチのブランドストーリーは、デザインや商品についてのブランドストーリー以外に、グッチ一族のストーリーがかなり物語性を帯びたものとなっている。

1881年に馬具製造業の家にイタリアで生まれたグッチ創業者のグッチオ・グッチは、家業が倒産したため単身イギリスにわたり様々な職業に就く。

その中の一つ、ホテルのボーイ時代に金持ちの価値観に気付いた。

まず、大金持ちが好む旅行鞄のデザイン、素材、色や金具です。

それに加えて、ブランドにとってより重要なことに気付くのです。

それは、商品の製造原価と価格は無関係だということです。つまり、人は高いものに価値を見出すので、ブランド力を強化しようと思えば、高く売り続ける必要があるということです。

その後イタリアに戻ったグッチは、1921年にイギリスから鞄やトランクを輸入する会社と同時に馬具や高級革製品を製造する会社を立ち上げました。

これがグッチの始まりです。ただし、店名をグッチ(GUCCI)としたのは1923年のことである。

輸入品の革製品の販売や修理をしながら、次第に革製品の技術を身に着けます。

第2次世界大戦によって革が手に入らなくなると、キャンバス地にコーティングを施した製品を販売すると、思わぬ人気になった。

ただし、グッチが世界的に名声を得るようになるのは、創業者のグッチオ・グッチの死後のことである。

グッチの2代目はグッチオの3男アルド・グッチだと思われる。

なぜ、思われるとなっているかというと、ネットで検索すると2代目はアルドという記述と、アルドの息子のパウロが2代目という記述があるためだ。

パウロとしているのはWikipediaであるため、wikiを参考にするとたぶん2代目がパウロとなるのだと思われる。

しかし、ソースが異なると思われる他の大多数はアルドが2代目となっており、その息子のパウロは一族から追放されたような記述もある。

そして、3代目はアルドの弟であるロドルフの息子のマウリテオであった。

しかし、ファミリー間の抗争に明け暮れたグッチはマウリテオの代で持ち株をすべて手放すことになる。

1993年のこと。

この時株を握ったインベストコープ社はドメニコ・デ・ソーレとトム・フォードの尽力によって、グッチの復権に成功し、株式上場に持ち込んで最終的に全株を売却した。

やがて、ルイ・ヴィトンの親会社LVMHが株式の34.4%握り、グッチを支配しようとしたが、グッチはフランスの流通大手ピノー・プランタン・ルドゥート(PPR)と手を握りLVMHに対抗した。このときは結果的にLVMHが手を引くことになった。


しかし、その後グッチの首脳陣とPPRが対立し、PPRが支配力を強め現在に至っている。

なお、グッチ自身がさまざまなブランドを傘下に入れている。

1999年セルジオ・ロッシ、2000年宝飾メーカー、ブシュロン、2000年10月イブ・サンローラン、2001年7月アレキサンダーマックイーン、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタなどである。

ファッション小物類

カードケース

コインケース

長財布

デジカメケース

シガレットケース

パスケース

ペンケース

マネークリップ

キャリーバッグ

スマートフォンケース
nice!(0) 

nice! 0

ブランド小物を紹介します。」の先頭へ[PR]山梨のイベント情報・ショップのお得情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。