So-net無料ブログ作成
検索選択

プラダ [ブランドストーリー]

キャリーバッグパスケース


プラダの創業は1913年、イタリアのミラノである。

創業者はマリオ・プラダで、革製品専門店であった。

世界から珍しい素材や質の高い革を集めて製品を作っていた。

素材の珍しさに加えて、イタリアの革職人の技術が評判を呼び、ブルジョアの間で人気となり、イタリア王室のご用達にまでなった。

しかし、1958年にマリオが死去し、マリオの娘が事業を仕切るようになってから、豪華さが時代に合わなくなったこともあって、長期間低迷が続く。

プラダが復活するのは、1978年にマリオの孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任してからのことである。

マリオの時代に旅行用かばんに用いていた工業用防水ナイロン素材の「ポノコ」を使ったバッグを開発し、日本やアメリカで人気となる。

これをきっかけに今の繁栄を取り戻すことになる。


一時期、プラダはLVMHに触発されたのか、ブランド買収戦略をとる。

1996年にグッチ、ヘルムート・ラング、ジル・サンダーなどを買収した。また、1999年位はLVMHと合弁で、フェンディの立て直しを試みるが、それも失敗し、結局これらの株をすべて手放すことになる。

現在、そのうちグッチとフェンディはLVMHの傘下となっている。


そのプラダがいよいよ上場する。

これまでは、創業家などが保有するプラダホールディングスが94.9%の株を保有していたが、台頭するアジアをターゲットとするべく、香港市場に上場することになった。



― プラダのデザイン ―

プラダのデザインに大きな影響を与えているのが、上でも述べたミウッチャ・プラダである。

ミウッチャ・プラダは1950年生まれであるので、2011年現在61歳であるから、まだまだ現役。

現在、プラダグループの総帥はミウッチャ・プラダの夫であるパトリッツィ・ベルッテリである。

「日常を贅沢に飾る」が基本コンセプトであり、現代的で革新的な素材やデザインの斬新さが売り。

伝統と革新の組み合わせが世界的に認められている。


プラダのファッション小物類


キャリーバッグ

パスケース



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブランド小物を紹介します。」の先頭へ[PR]山梨のイベント情報・ショップのお得情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。